記念誌発刊 創立30周年祝う会/熱海、伊東の女性グループ”あい”懇話会

熱海、伊東両市の女性グループ「”あい”懇話会」(熱海市、滝野慶子会長)は、創立30周年記念事業の一環で30周年記念誌「あい」を発刊した。6月16日、熱海市役所いきいきプラザで会員21人が集まり、発刊を祝う会を開いた。藤曲敬宏県議、山田治雄市議がお祝いに駆け付けた。
同会は1986年9月に県が行った女性の米国西海岸への国際研修参加者が発起人となって翌87年に発足。会名は両市の頭文字をとって、また愛にも通じるところから命名した。「地域における女性の役割、女性の視点を生かした良い地域づくり」をテーマに各種講演や先進地視察などを実施。熱海市内のグルメマップや丹那トンネル工事の歴史を尋ねた「航跡」などの冊子の製作。男女共同参画フォーラムなどを開催している。
記念誌はA4判カラー26ページ。創立以来の会の歩みを写真を交えて年表や文章にまとめた。200部作り、会員やOG、両市役所、図書館、県などに配布する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■滝野慶子会長の話 「地域における女性の役割」を誕生の一歩から始まり、只今30歩目。これからもしっかりと女性の視線で何が課題かを考え、試行錯誤しながら歩んでいきたい。



初代会長・井堀てる代さん


小沢共子さん


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る