7月の例大祭に向け御鳳輦コースを入念に下見/来宮神社厄年奉賛会

来宮神社例大祭(7月14~16日)まで1カ月を切った6月17日、本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」(川本数章会長)は、御鳳輦渡御コースの下見を行った。
女子部を含めて22人がお揃いのネービーブルーのTシャツ姿で参加。来宮神社で雨宮盛己宮司に説明を受けた後、湯前神社、JR熱海駅、熱海サンビーチ、渚小公園などの各コースや休憩所、接待場所を見て回り、休憩場所や所要時間などをメモして本番に備えた。
各所で御鳳輦世話人の岡田実さん、鈴木吉郎さんや芥川暉祭典委員長、吉田耕之助常任副委員長、来宮神社神職から渡御の際の注意点などの指導を受けた。熱海サンビーチでは神事の際の祭壇や御鳳輦の位置、海中渡御の注意点などを入念にチェックした。天狗習礼・着付け教室も行われ、御鳳輦準備は最終段階に入った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が、節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。7月の来宮神社例大祭(14~16日)では、16日の神幸祭で猿田彦の神の天狗をとともに、御鳳輦(神輿)が氏子町内を渡御する。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの第一小、桃山小の卒業生で構成。










 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-28

    飛龍高3年の武井(熱海中出身)大相撲入り 伊勢ケ浜部屋に入門

    熱海中出身で飛龍高(旧沼津学園)相撲部3年の武井朔太郎くん(18)=熱海市梅花町=が大相撲の伊勢ケ…
  2. 2020-10-28

    熱海市の錦ケ浦の海岸に男性の身元不明遺体 自殺、事件、事故の可能性 

    熱海市の錦ケ浦の崖地の数十メートル下の岩場で10月27日、海に浮いている下着姿の男性の遺体が見つか…
  3. 2020-10-27

    コロナと症状同じで混乱 熱海保健所管内でインフル患者 県内で今季初 

    コロナと症状が似ているインフルエンザの流行が予想される中、熱海保健所管内でインフルエンザの患者が確…
  4. 2020-10-27

    旧サンクリノ美術館、コワーキングスペースで復活 県幹部が施設視察

    静岡県は10月26日、新型コロナの影響で広まりつつあるテレワークをしながら休暇を楽しむワー…
ページ上部へ戻る