7月の例大祭に向け御鳳輦コースを入念に下見/来宮神社厄年奉賛会

来宮神社例大祭(7月14~16日)まで1カ月を切った6月17日、本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」(川本数章会長)は、御鳳輦渡御コースの下見を行った。
女子部を含めて22人がお揃いのネービーブルーのTシャツ姿で参加。来宮神社で雨宮盛己宮司に説明を受けた後、湯前神社、JR熱海駅、熱海サンビーチ、渚小公園などの各コースや休憩所、接待場所を見て回り、休憩場所や所要時間などをメモして本番に備えた。
各所で御鳳輦世話人の岡田実さん、鈴木吉郎さんや芥川暉祭典委員長、吉田耕之助常任副委員長、来宮神社神職から渡御の際の注意点などの指導を受けた。熱海サンビーチでは神事の際の祭壇や御鳳輦の位置、海中渡御の注意点などを入念にチェックした。天狗習礼・着付け教室も行われ、御鳳輦準備は最終段階に入った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が、節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。7月の来宮神社例大祭(14~16日)では、16日の神幸祭で猿田彦の神の天狗をとともに、御鳳輦(神輿)が氏子町内を渡御する。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの第一小、桃山小の卒業生で構成。










 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-17

    ゴーン、 今年は韓国庭園のドラの音で幕開け/熱海梅園もみじまつり

    熱海梅園で11月17日、「熱海梅園もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今…
  2. 2018-11-17

    福祉への理解や絆呼び掛け、26団体が一堂に/熱海・福祉まつり

    熱海市内の福祉団体や施設、協力団体が一堂に会して絆を深める第36回「福祉まつり」(実行委…
  3. 2018-11-16

    ライトアップ完了、夜空に紅葉しっとりと浮かぶ/熱海梅園もみじまつり

    「熱海梅園もみじまつり」開幕前日の11月16日夜、熱海梅園でライトアップが一足先に始まり、紅葉し始め…
  4. 2018-11-16

    11月17日に「熱海自然郷コンサート」 別荘住人と日本酒で交流!

    熱海市の別荘地「熱海自然の郷」の集会所で11月17日(土)、別荘所有者や住人らが第1回「熱海自然の郷…
ページ上部へ戻る