音楽ライブと花火で熱海の夜満喫/マリーズキッチン&ライブスタジオ熱海



今年8度目の熱海海上花火大会があった6月17日夜、熱海市紅葉ヶ丘町のマリーズキッチン&ライブスタジオ熱海でディナーコンサートがあり、気鋭のトランペット奏者牧原正洋さんとエレクトリックピアノの本間樺代子さんが一流の音色を披露した。
「アルフォンシーナと海」や「ブルースカイブルー」など熱海の青い海をイメージした10曲を演奏。約30人の観客が修善寺の銘店「羅漢」の懐石料理を味わいながら澄んだ切れのある音色の競演を楽しんだ。
午後8時20分からは熱海海上花火大会が始まり、頼朝ライン沿いの高台にある瀟洒(しょうしゃ)なライブハウスのテラス席から3000発の色とりどりの花火を観賞した。今回は客の多くが熱海市民とリゾートマンションの別荘族。花火は見慣れているはずだが、市街とは反対方向から見る花火に興味津津。音楽コンサートと打ち上げ花火、食事がついて7千円というリーズナブルな料金もあって、毎回、隠れた人気スポットになっている。次回の「牧原正洋・本間樺代子デュオコンサート&花火」は12月9日に予定されている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■花火の観衆=2万2千人
■マリーズキッチン&ライブスタジオ熱海 頼朝ライン沿い紅葉ヶ丘の森の中にぽつんと浮かぶ白い館のハウススタジオ。本格的フランスパンで人気のMarie(マリー)伊豆店の姉妹店。俳優・速水もこみちさんが料理人として登場する「MOCO’Sキッチン・春の熱海満喫SP」はここで収録。熱海市紅葉ヶ丘町9-70(0557-81-3720)
■コンサート動画video0 (1)
■花火動画video0
■2018年の熱海海上花火大会
春 1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)
夏 7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)
秋 9/17(月・祝)
 12/9(日)・12/16(日)

 







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

ページ上部へ戻る