熱海国際映画祭 6月28日~7月1日/全スケジュール



■6月28日(木)=初日
第1回「熱海国際映画祭」が6月28日から7月1日に熱海市で開かれる。28日午後5時から熱海市桃山町の世界救世教救世会館大ホールでレッドカーペットがあり、滝川広志さん(コロッケ)、加藤雅也さん、飯島直子さん、パク・シスさん、宮地真緒さん、板野友美さん、岡田裕さん、スコット・ヒラーさん、ホ・ジノさん、杉野希紀さんらの俳優・女優や監督、プロデューサーを迎える。同6時30分からオープニングセレモニー。同7時30分から板野友美さん、久本雅美さん主演の「イマジネーションゲーム」をオープニング映画として上映する。板野さんの舞台あいさつもある。オープニングパーティーは午後9時30分から熱海ニューフジヤで開く。
午後3時30分からイベント終了の午後9時まで熱海駅と会場のあるMOA美術館まで伊豆東海バスが臨時シャトル便を運行予定。
■6月29日(金)=2日目
29日からは市内9会場で1508本の応募作から選抜したコンペ部門36本、インディペンデントワールド部門16本、学生のニュー・ジェネレーション部門8本、招待作品部門5本、企画作品部門16本を上映する。
映画祭に合わせてイベントも開催。29日午後3時30分から救世会館大ホールで招待映画「ゆずりは」に出演している滝川広志さん(コロッケ)のトークと朗読劇、同7時30分から熱海ニューフジヤホテルで音楽家クリヤ・マコトさん+MARUの映画音楽ベストコンサートが開かれる。
■6月30日(土)=3日目
30日は午後2時から午後5時30分から熱海芸妓見番歌舞練場で映画監督行定勲さんと韓国の映画監督ホ・ジノさんのトークセッション「恋愛映画の作り方」などを開催する。
■7月1日(日)=最終日
7月1日は午後3時30分から熱海後楽園ホテルで「映画祭サミット‐映画祭の意義を考える-」があり、行定勲監督(熱海港再映画祭審査委員長)、本広克行(さぬき映画祭)、リ・ツヨシ、キム・ヒョンジュン(釜山国際映画祭)、スコット・ヒラー(ECUヨーロッパ映画祭)らの監督が意見を交わす。
ファイナルの授賞式は7月1日午後7時30分から熱海後楽園ホテルで開く。
(熱海ネット新聞)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
  2. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  3. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  4. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る