「夏越の大祓」暑い夏、無病息災を願う/伊豆山神社・茅の輪くぐり


今年最高気温の32度を観測した熱海市の伊豆山神社(原嘉孝宮司)で6月30日、半年間の厄払いをする神事「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が行われた。大館節生総代会長をはじめ、氏子、勝俣孝明衆院議員、高橋幸雄市議、伊豆山温泉の宿泊客らが境内に設置された直径約2・5メートルの「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願った。
6月と12月末日に祓い清める神事で、同神社では平安期から親しまれている。昨年8月に急逝した原口尚文前宮司に代わり、大鳥居素(おおとりい・もとむ)禰宜(ねぎ)が神事を執り行い、絹や麻の布を引き裂いて魔物が嫌うとされる「衣擦(きぬず)れの音」を響かせ、除災を祈願した。
集まった人たちは大祓詞(おおはらえのことば)の祝詞を唱えたあと、原口靖巨(やすなお)権禰宜、大鳥居禰宜に続いて古式に従い3度、茅の輪をくぐりながら歩き、暑い夏を無事過ごせるよう願った。これまでは氏子中心の神事だったが、神社や伊豆山温泉旅館組合(観光協会)などのアピールで観光客や伊豆山温泉の宿泊客らも参加し、初夏の風物詩に。近年は抜き取ったカヤで小さな輪を作り、厄よけのお守りにすることが、新たな風習になっている。
12月の最終日には「年越しの大祓(おおはらえ式」が齋行される。
(熱海ネット新聞・松本洋二)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る