夜のにぎわい取り戻せ! スナックをライブ会場に/ルージュ・アフター5

街中をシネコンにする熱海国際映画祭を終えたばかりの熱海市で7月3日、スナックを会場にしたジャズライブが開かれた。市内清水町の「ルージュ・アフター5」に集まる仲間たちが「スナックライブ」で熱海の夜のにぎわいを取り戻そうと企画。高崎市(群馬県)を拠点に活動する「タカサキ・シティバンド」を招き、20人余りの常連客がタケオ・リアルさんのピアノと犬塚悠太さんのテナーサックスが奏でるスイングジャズやR&B、スタンダードの名曲に聴き入った。
実は4年ぶりの”帰還ライブ”。同バンドを主宰するタケオ・リアルさんはバンドを立ち上げた当初、同店に飛び込みでミニライブを開き、その様子をフェイスブックなどのSNSで発信。”熱海ブランド”が追い風となって話題を集め、現在では首都圏の飲食店や地域活性化のイベントを中心に年間300本近いライブをこなす隠れた人気バンドに。今回は、そのお礼を込めて4日に下田市で開くライブの前日に立ち寄り、演奏した。メンバーは10人の構成だが、会場によって編成をアレンジし、PAエンジニアのミキサーもiPad(タブレッド型PC)でこなす進化も披露した。
熱海市では、七夕の7日夜にリオデジャネイロ(ブラジル)で活躍するヴォーカリスト「MAKO」さんらが中央町の「カフェ リディアン」でボサノバとサンバのライブを開く。こちらもJAPANライブツアーに熱海を組み込んで開催。日本、世界への発信地として熱海の存在が高まっている。
熱海市は人口一人あたりの飲食店の数が全国平均の5倍。スナックやカフェを活用した夜のにぎわい創出が進行している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
動画はコチラ→

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る