夜のにぎわい取り戻せ! スナックをライブ会場に/ルージュ・アフター5

街中をシネコンにする熱海国際映画祭を終えたばかりの熱海市で7月3日、スナックを会場にしたジャズライブが開かれた。市内清水町の「ルージュ・アフター5」に集まる仲間たちが「スナックライブ」で熱海の夜のにぎわいを取り戻そうと企画。高崎市(群馬県)を拠点に活動する「タカサキ・シティバンド」を招き、20人余りの常連客がタケオ・リアルさんのピアノと犬塚悠太さんのテナーサックスが奏でるスイングジャズやR&B、スタンダードの名曲に聴き入った。
実は4年ぶりの”帰還ライブ”。同バンドを主宰するタケオ・リアルさんはバンドを立ち上げた当初、同店に飛び込みでミニライブを開き、その様子をフェイスブックなどのSNSで発信。”熱海ブランド”が追い風となって話題を集め、現在では首都圏の飲食店や地域活性化のイベントを中心に年間300本近いライブをこなす隠れた人気バンドに。今回は、そのお礼を込めて4日に下田市で開くライブの前日に立ち寄り、演奏した。メンバーは10人の構成だが、会場によって編成をアレンジし、PAエンジニアのミキサーもiPad(タブレッド型PC)でこなす進化も披露した。
熱海市では、七夕の7日夜にリオデジャネイロ(ブラジル)で活躍するヴォーカリスト「MAKO」さんらが中央町の「カフェ リディアン」でボサノバとサンバのライブを開く。こちらもJAPANライブツアーに熱海を組み込んで開催。日本、世界への発信地として熱海の存在が高まっている。
熱海市は人口一人あたりの飲食店の数が全国平均の5倍。スナックやカフェを活用した夜のにぎわい創出が進行している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
動画はコチラ→

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る