佐藤勝海さん、総理大臣表彰を受賞 海上安全指導員で熱海の海難防止に貢献


2018年度安全功労者内閣総理大臣表彰を受けた熱海ヨットクラブ社長で海上安全指導員の佐藤勝海さん(74)=熱海市下多賀=が7月9日、市役所に齊藤栄市長を訪ね、受賞を報告した。
国民の安全に関し、顕著な功績があった個人、団体を表彰するもので、今年度は佐藤さんをはじめ10個人、団体15が受賞。7月6日に総理大臣官邸で表彰式があり、安倍晋三総理大臣から表彰状が授与された。海上保安庁枠(国土交通省)は毎年1人で静岡県内2人目で熱海市では初めて。
佐藤さんは1974年(昭和49年)に海上安全指導員に指名されて以来、約44年にわたり、ボランティアとしてプレジャーボート等の小型船舶を中心に安全指導を行うとともに、海難防止講習会などの事故防止に積極的に参画。延べ800回超安全パトロールを続、海洋レクレーションの発展に寄与してきたことが評価された。齊藤栄市長は「熱海は観光のプレジャーボート以外に初島もあり、市民の日常的な生活の足としてしても小型船舶は非常に大事。そのことに対する内閣総理大臣の表彰であり、熱海市にとっても大変の名誉」と述べた。
報告後、全国に1562人いる海上安全指導員の頂点に立った佐藤さんは「ボランティア活動の上で皆さんと一緒にやってきたことなので、皆さんと一緒にもらった感覚です。今後も地域の海難防止に取り組みたい」と語った。
関東小型船安全協会伊豆支部の西海尊志事務局長が同席した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

平成30年度安全功労者内閣総理大臣表彰受賞者
【個人】
上杉 義明(内閣府)
大久保榮志(警察庁)
清岡 幸子(内閣府)
佐藤 勝海(国土交通省)
谷口 喜好(警察庁)
西原 憲昭(警察庁)
前田 憲男(警察庁)
山田  修(警察庁)

表彰報告動画↓

a

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る