取り残された人を救え! 消防隊員が震災救助訓練/南熱海市支所使用



熱海市下多賀の南熱海支所で7月12日、解体予定の建物を使った耐震対応訓練があった。南海トラフ巨大地震などに備え、熱海市消防本部の隊員20人が、救助や消火活動で建物に入る技術を確認した。
訓練は、巨大地震で鉄骨の建物が倒壊し、3階建て物の1階部分が座屈して降下。取り残された人を救助する想定で実施。隊員は2班に分かれ、エンジンカッターや削岩機、ハンマードリルなどを使用して、厚さ20センチの床を破壊。空調機器や複雑な配線などを取り除いて閉じこめられた人を確認・救出する訓練を実施した。
稲田達樹消防長は「実際の建物を使うことで、実践的な技術を身につけることができた。今まで頭の中でシュミレーションしてきたことを実際に訓練し、このあとの検証で手順や必要な装備、不足しているものを議論して有事に備えたい」と話した。南熱海支所は国道135号線に面した消防署部分を残して支所部分を先行して8月から解体作業に入る。実際に解体する建物を使った本番さながらの訓練は、5年前に60年ぶりに建て替えた旧市庁舎でも実施した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■新市役所南熱海支所・市消防署南熱海出張所
鉄骨4階建てで1階に駐車場(18台)、2階に消防署出張所、3階に市支所と海が見える図書コーナー。4階は町内会活動や住民の生涯学習活動に利用できる会議室。屋上は津波避難。エレベーター完備。2019年9月完成予定。総工費6億5千万円。


動画はコチア↓


動画はコチア↓



動画はコチラ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る