神女神楽、優雅に奉納 五穀豊穣や熱海の太平願う/来宮神社例大祭

来宮神社で7月15日、例大祭神事があり、神社本殿で鎌倉時代から続く「神女神楽」が奉納された。神女を務めたのは桃山小1年の日下菜摘さん。同神社神女神楽保存会が奏でる笛、大太鼓、大拍子、鐘の音に合わせ、厳かな雰囲気の中、神女役の櫻井智和さんと小山太一さんを従えて伝統の舞を披露した。16日も神幸祭、御神幸行列などで奉納する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

神女神楽

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る