御神幸行列が熱海市街を華やかに 御鳳輦が巡行/来宮神社例大祭

来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭は7月16日、神幸祭のあと、来宮の神々を御鳳輦に乗せて街に降りて氏子の地域を回る、例大祭最大の行事「御神幸行列」を行った。厄年奉賛会「来宮辰巳會」の会員が担ぐ御鳳輦は同神社から宮坂を下り、湯前神社、咲見町、熱海駅、汐見町を経て正午過ぎに熱海サンビーチへ至り、同會の会員が「浜降り神事」を挙行した。
御神地の渚小公園で鹿島踊り、神子神楽、浦安の舞の奉納したあと、清水町通り、旭町観光通り、銀座町、市役所、福道町を経て午後4時前に同神社に戻り、還幸祭でつつがなく例大祭を終えた。川本数章会長をはじめ、会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。

行列の中の天狗(猿田彦)は天尊降臨の際案内した神様で、御鳳輦に鎮座する来宮大神の案内役を担う。巡行中は御祭神と御縁の深い「麦こがし」を撒きながら道中をリード。この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると伝えられることから、多くの市民や観光客が天狗のもとへ駈け寄った。各氏子町内では会員たちが「みょうねん(妙念)、みょうねん」と声を上げながら「麦こがし」が入った袋を振る舞い、無病息災と熱海市の繁栄を願った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

御神幸行列




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  2. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
  3. 2019-12-9

    消費増税も影響なし、忘年熱海海上花火大会に1万5千人 冬の夜空彩る

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月8日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスタ…
  4. 2019-12-8

    第31代ミス熱海「梅の女王」に杉本和香奈さん 聖心女子大卒の才媛

    熱海市観光協会は12月8日、起雲閣で「第31代ミス熱海梅の女王」と「同梅娘」「同桜娘」の発…
ページ上部へ戻る