御神幸行列が熱海市街を華やかに 御鳳輦が巡行/来宮神社例大祭

来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭は7月16日、神幸祭のあと、来宮の神々を御鳳輦に乗せて街に降りて氏子の地域を回る、例大祭最大の行事「御神幸行列」を行った。厄年奉賛会「来宮辰巳會」の会員が担ぐ御鳳輦は同神社から宮坂を下り、湯前神社、咲見町、熱海駅、汐見町を経て正午過ぎに熱海サンビーチへ至り、同會の会員が「浜降り神事」を挙行した。
御神地の渚小公園で鹿島踊り、神子神楽、浦安の舞の奉納したあと、清水町通り、旭町観光通り、銀座町、市役所、福道町を経て午後4時前に同神社に戻り、還幸祭でつつがなく例大祭を終えた。川本数章会長をはじめ、会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。

行列の中の天狗(猿田彦)は天尊降臨の際案内した神様で、御鳳輦に鎮座する来宮大神の案内役を担う。巡行中は御祭神と御縁の深い「麦こがし」を撒きながら道中をリード。この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると伝えられることから、多くの市民や観光客が天狗のもとへ駈け寄った。各氏子町内では会員たちが「みょうねん(妙念)、みょうねん」と声を上げながら「麦こがし」が入った袋を振る舞い、無病息災と熱海市の繁栄を願った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

御神幸行列




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る