御神幸行列が熱海市街を華やかに 御鳳輦が巡行/来宮神社例大祭

来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭は7月16日、神幸祭のあと、来宮の神々を御鳳輦に乗せて街に降りて氏子の地域を回る、例大祭最大の行事「御神幸行列」を行った。厄年奉賛会「来宮辰巳會」の会員が担ぐ御鳳輦は同神社から宮坂を下り、湯前神社、咲見町、熱海駅、汐見町を経て正午過ぎに熱海サンビーチへ至り、同會の会員が「浜降り神事」を挙行した。
御神地の渚小公園で鹿島踊り、神子神楽、浦安の舞の奉納したあと、清水町通り、旭町観光通り、銀座町、市役所、福道町を経て午後4時前に同神社に戻り、還幸祭でつつがなく例大祭を終えた。川本数章会長をはじめ、会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。

行列の中の天狗(猿田彦)は天尊降臨の際案内した神様で、御鳳輦に鎮座する来宮大神の案内役を担う。巡行中は御祭神と御縁の深い「麦こがし」を撒きながら道中をリード。この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると伝えられることから、多くの市民や観光客が天狗のもとへ駈け寄った。各氏子町内では会員たちが「みょうねん(妙念)、みょうねん」と声を上げながら「麦こがし」が入った袋を振る舞い、無病息災と熱海市の繁栄を願った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

御神幸行列




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る