境内の湯宝神社で例祭 網代温泉の悠久の繁栄祈願/和田木神社

熱海市下多賀の和田木神社の境内にある湯宝神社で7月14日、例祭があり、網代温泉の悠久の繁栄を祈願した。雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、清水正彦総代長、川口慶治責任総代、川口覚和田木町内会長、川口健網代温泉観光協会会長(市議会議長)、駒嶺洋南熱海網代温泉旅館協同組合理事長など氏子や観光関係者20人余りが参列し、温泉の長久と氏子町内の無病息災や大漁を祈願した。
同温泉は昭和13年8月、貴族院議員などを務めた武井覺太郎氏が私財をなげうって大縄海岸で試掘を行い、温泉を掘り当てたのが始まり。同温泉の守り神として44年ほど前に和田木神社の石段脇に同神社の末社として湯宝神社を建立し、湯泉が絶えることなく網代温泉の繁栄が続くことを祈願している。毎年、和田木神社の天王祭に合わせて例祭を開いている。和田木神社の例大祭は10月に斎行される。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る