御神船「両宮丸」に助け舟、中央大「根本ゼミ」学生が助っ人/阿治古神社例大祭


若者不足で阿治古神社例大祭の神幸行列、御神船「両宮丸」の巡航が困難になっていることを受け、7月20日、中央大学商学部の男女大学生16人が”助っ人”として駆け付けた。男子8人は片町南町の引き隊、女子学生8人は宮崎町の獅子に加わり、御神船の巡行に一役買った。
いずれも根本忠宣(ただのぶ)教授のゼミ生(国際金融)。同教授は15年ほど前から網代にも自宅を構え、東京と熱海を行き来している。昨年もゼミ生数人に声をかけて参加したが、今年は本格的に参戦した。
両宮丸の巡行には最低60人の成人男子が必要とされ、昨年は担い手確保のため人が集まりやすい週末に開催したが、今年は根本ゼミの学生の協力もあり、本来の19日宵宮祭、20日本祭の日程に戻すことができた。〝ひもの街道”の名で知られる国道135号の巡行も3年ぶりに復活した。
根本教授は「昨年、地域の人から若者不足で両宮丸の巡行が難儀していると聞き、学生達に話をしたところ、協力したいと申し出があった。400年以上続く網代の伝統行事に参加することができ、学生たちも喜んでいる。役にたてるなら今後も続けていきたい」。平成最後の漁師街に新時代が到来-。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る