熱海サンビーチ「ウォーターパーク」営業開始 連日の猛暑、子供たちの歓声響く

熱海市観光協会は7月21日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今夏のオープンに先立ち、熱海サンビーチで神事を行い、来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、中島幹雄熱海市観光協会会長、川口健市議会議長、市幹部、運営関係者らが砂浜に設けた祭壇に玉串をささげ、期間中の無事故を祈願した。
熱海市の日中の最高気温は33・3度まで上がり、連日の猛暑。うだるような暑さに午前10時の営業開始時には、大勢の家族連れが列を作り、スタッフからライフジャケットの着用をチェックしてもらった後、歓声を上げながら初遊びを楽しんだ。
今夏は7月21日から9月2日まで開催し、営業時間は午前10時~午後4時。1時間ごとの入れ替え制(各80人)で料金は高校生以上が1時間1500円、中学生以下は1000円。市民は500円引。遊具はリニューアルして追加(緑色の部分)され、初日からにぎわいが続いた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■ウォーターパーク 熱海サンビーチの沖合約10メートルの海上に設けた縦約30メートル、横約40メートルの巨大な強化ゴム製浮遊アスレチック。シーソーや滑り台、クライミング、トンネルなど20種以上の遊具が楽しめる。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る