網代が最も熱くなる夜「ベイフェス」で幕 弓張り提灯、宮町から旭町へ



熱海市網代の阿治古神社例大祭のフィナーレを飾る「網代ベイフェスティバル2018」(実行委員会・網代若衆組連合会主催)が7月21日、網代漁港埋め立て地で開催された。夜店が連なり、多くの市民や観光客が見守る中、網代地区5町内(宮町、宮崎、町栄、片町南町、旭町)の飾り山車が次々に会場入り。特設ステージでは、網代各町内の子どもたちの太鼓、豆州網代太鼓、網代若衆組連合会の太鼓などを演奏。夕闇に包まれる頃、上多賀の「輝神会」の神輿(みこし)が勇壮な練りを披露し、祭りはクライマックスを迎えた。
同フェスティバルは網代地区の活性化を目的に1993年から毎年開かれ、「網代っ子が一年で最も熱くなる日」として知られる。ステージの最後は、網代若衆組5町の組頭(旭町・遠藤楓、宮崎・小野隆規、町栄・千葉英晃、宮崎・小野寺良、宮町・平井一茂)が紹介されて登壇し、今年度の幹事町組頭を務めた宮町・平井一茂さんから次年度幹事町旭町の組頭・遠藤楓さんに弓張り提灯が引き継がれた。網代の歴史と伝統を継承-。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

 

輝神会

網代子供会

豆州網代太鼓

網代若衆組連合会の太鼓


■萩原辰生・網代ベイフェスティバル実行委員長 昨年は苦渋の選択でベイフェスティバルを週末に開催したが、、本年は本来の例大祭日程に戻し、新たなスタートを切ることができた。網代の歴史と伝統を継承し、網代の街が元気に、にぎやかになっていくように頑張っていきたい。


■杉野廣太郎・阿治古神社例大祭祭典委員長 祭りは地域住民の和を保ち、その地域をひとつにすることができる。ベイフェスティバルは阿治古神社例大祭のフィナーレを飾るイベント、網代若集連合の力の見せ所でもある。今宵はゆっくり愉しんでいただきたい。


■齋藤栄市長 昨日、都内の友人から電話があり、山手線の電車の液晶画面に網代・阿治古神社の両宮丸巡行のテレビニュースが流れ、見たと。首都圏の多くの方に網代の熱い思いが伝わったと思う。渡御には中央大学の学生も参加された。網代と外からの皆さんが一緒に盛り上げたら、さらに素晴らしい祭りになると思う。



宮町


宮崎


町栄


片町南町


旭町



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る