「篠笛日和」熱海大合宿 あたみビール祭りで「50重奏」披露

「あたみビール祭り」2日目の8月2日、南熱海マリンホールで「篠笛ワークショップ熱海大合宿」を行っているプロの篠笛(しのぶえ)演奏者でつくる「篠笛日和」のメンバーと講習生がステージを飾った。日本を代表する篠笛奏者で講師の山田路子さんが「日本全国、カリフォルニア(米国)やデュッセルドルフ(ドイツ)からも篠笛大好きの人たちが熱海に集まって合宿をしています。講習生と講師で篠笛50重奏を演奏しますので、練習の成果をお聞きください」とあいさつし、「昴(すばる)」「川の流れのように」などを演奏。来場者はビールを手に日本の伝統的な笛の音に聞き入った。
篠笛は週1回練習しても演奏を披露できるには約半年かかる。まとめてけいこができた熱海合宿は年々評判を集め、今年で4回目。熱海の篠笛愛好家・森野淳さんが篠笛を南熱海の誘客につなげようと尽力している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

川の流れのように

「篠笛日和」メンバーの演奏


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    姫の沢公園管理棟新設に2億円など総額198億円 熱海市19年度予算案

    熱海市は2月15日、2019年度当初予算案を発表した。姫の沢公園管理棟新築工事に1億4800万円、同…
  2. 2019-2-15

    市内飲食3千円クーポン券、2千円で販売 2月22日から売り出し開始

    熱海市内の飲食3団体は、市内の指定飲食店で利用できる「ナイトクーポン安いらー!!」を2月22日から販…
  3. 2019-2-14

    アイドル梅「思いのまま」見頃、梅まつりMAXステージに/熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園で、園全体で5分咲きとなった2月14日、遅咲きの「思いのまま」が見ご…
  4. 2019-2-14

    あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出6万7786人 前年比2万人増

    熱海市観光協会は第9回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月12日~2月11日)の人出を発表した…
ページ上部へ戻る