杉本主将(多賀中出身)率いる「伊東高水泳部」が優勝/初島・熱海団体競泳



「第71回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開かれた。県内外から出場した30チーム・90人が、初島港から12キロ離れた熱海サンビーチのゴールを目指して力泳。平成最後となる今大会は気温32・2度、海水温28度の厳しい消耗戦となり、若さに長けた伊東高校水泳部が終盤で八王子水泳愛好会(東京・社会人)を4分19秒引き離し、2時間19分13秒のタイムで2年連続8回目の優勝を果たした。

競技大会終了後、渚親水公園ムーンテラスで表彰式が行われ、齊藤栄市長が文部科学大臣杯、優勝旗、県知事杯、熱海市長杯を優勝した伊東高校水泳部(杉本蓮樹、松本周也、上野礼登)に授与した。主将の杉本選手は多賀中の出身で、中体連静岡県大会200㍍自由形で優勝し、全国中学校体育大会出場を決めた杉本碧波(あおば)君の兄。「波も穏やかでコンディションはよかったが、海水温が高く疲労が出た。途中でペースを落とし(八王子水泳愛好会に)追いつかれたが、声を掛け合いながら励ましあい、終盤に突き放せた。7月からこの大会で向けて追い込みをかけた成果が出た」と振り返り、3連覇には「自分は卒業するが、来年は弟が初出場するのでは…」と笑顔で話した。

2位八王子水泳愛好会、3位海王(東京・社会人)、4位YOUNG GO!GO!(同)、5位慶応葉山(神奈川・大学生)、6位I-STORM(アイストーム、埼玉・社会人)。上位6チームが来年大会のシード権を獲得した。
敢闘賞には11位に健闘した小学生チーム「宇佐美スイミングクラブ」(伊東市)と初出場ながら完泳した伊豆大島の「オーシマンズ」(東京都大島町)が選出された。熱海市の小学生チーム「泳龍塾」はわずかに制限タイム(4時間)に及ばなかった。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

4日正午に初島港をスタート

伊東高校水泳部(1号艇)と八王子水泳愛好会(2号艇)の首位争い

伊東高校水泳部の力泳


■オフィシャルリザルト→レース成績30

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る