鵜沢精一さんが本部艇を操縦 後輩の”海の王者”慶応など見守る

慶応大のOBでつくる熱海三田会の重鎮で大会参与の鵜沢精一伊豆小型船安全協会会長が、初島熱海団体競泳大会の本部艇を操縦し、慶応葉山(慶応大学水泳部)など参加チームのレースを見守った。母校は平成12年の第53回大会以来の優勝こそかなわなかったが、2時間48分38で5位入賞した。動画は熱海沖での補給シーン。さすが常連チームらしく瞬時で済まし、リスタートした。
大会では首位争いだけではなく、各チームがそれぞれの順位を競い、熱戦を展開。船上から選手を激励する声が熱海湾に響いた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



野田秀作審判長の講評 今年は30チーム中、28チームの完泳でしたが、4時間にわたり審判船に乗って皆様がゴールに向かって泳いでいる姿をみて勇気と元気をいただいた。このような感動は、一人ひとりが真剣に物事に取り組む姿勢から生まれてくるもの。来年も熱い熱海の夏を盛り上げて頂きたい。


■上位10チーム


優勝・伊東高校水泳部(静岡)



準優勝・八王子水泳愛好会(東京)


3位・海王(東京)


4位・YOUNG go! go!(東京)


5位・慶応葉山(神奈川)

6位・I-STORM(埼玉)


7位・静岡商業高校(静岡)


8位・さんぴんクラブ(千葉)


9位・mede鯛(神奈川)


10位・湘南ベルマーレ(神奈川)

■熱海と伊豆大島のチーム

熱海市水泳協会公認 シャトーSC宣伝部


敢闘賞・オーシマンズ(東京都大島町)

”応援賞”チームうみがめ(神奈川)

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-28

    飛龍高3年の武井(熱海中出身)大相撲入り 伊勢ケ浜部屋に入門

    熱海中出身で飛龍高(旧沼津学園)相撲部3年の武井朔太郎くん(18)=熱海市梅花町=が大相撲の伊勢ケ…
  2. 2020-10-28

    熱海市錦ケ浦の海岸に男性の身元不明遺体 自殺、事件、事故の可能性 

    熱海市・錦ケ浦の崖地の数十メートル下の岩場で10月27日、海に浮いている下着姿の男性の遺体が見つか…
  3. 2020-10-27

    コロナと症状同じで混乱 熱海保健所管内でインフル患者 県内で今季初 

    コロナと症状が似ているインフルエンザの流行が予想される中、熱海保健所管内でインフルエンザの患者が確…
  4. 2020-10-27

    旧サンクリノ美術館、コワーキングスペースで復活 県幹部が施設視察

    静岡県は10月26日、新型コロナの影響で広まりつつあるテレワークをしながら休暇を楽しむワー…
ページ上部へ戻る