見せましょう熱海の底力を! 花火5千発を一カ所で 台風の風評払しょく

台風13号の接近で開催が危ぶまれた8月8日の熱海海上花火大会は、3カ所から打ち上げる通常のスタイルを取りやめ、1カ所からまとめて5000発を連射するという英断で観衆を魅了した。

通常は熱海港北防波堤をメーン会場にナナハン岸壁とヘリポート近くの県用地から打ち上げる。しかし、午後3時42分に満潮を迎えた熱海湾では、その時間帯に北防波堤に越波があり、花火の設置ができなかった。こういうケースでは、ナナハン岸壁と県用地で実施してきたが、今回は主催者の熱海温泉ホテル旅館協同組合の目黒敏男理事長が中島幹雄市観光協会会長と協議。あえてナナハン岸壁を使わず、県用地の1カ所で5千発を打ち上げることにした。
3カ所から打ち上げるのは、ゴージャス感を演出することもあるが、煙が花火を見えにくくするのを防ぐため。この夜は台風の接近で強い風が吹き、1カ所からでも十分と判断した。

背景にあるのが、高波の風評被害。7月末の台風12号の被害が衝撃的に報じられ、この日も多くのテレビ局が熱海湾を取材。「多くのホテル旅館でキャンセルが出ており、それを払拭するためにも花火で熱海の元気さをアピール必要があった。1カ所から5千発を立て続けに打ち上げるのは恐らく初めて。最高の花火を提供することができたと思う」と目黒理事長。3分の1会場を狭めるより1カ所で100パーセント。ポジティブな発想で熱海観光の底力を全国に見せつけた。

台風の影響で国道135号線の上多賀地区が通行止めになり、網代温泉からの送迎バスが心配されたが、南熱海網代温泉協同組合が総力を挙げて旧道を使って迂回するなどして7台のバスを予定通りに熱海港前に到着させた。こちらも経験に裏打ちされた底力を発揮した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
▪️観衆=2万5千人

動画

■2018年(平成30年)の熱海海上花火大会
春 1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)
夏 7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)
秋 9/17(月・祝)
冬 12/9(日)・12/16(日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る