元職員を起訴猶予 生活保護費などを横領/静岡地検沼津支部

静岡地検沼津支部は8月9日までに、業務上横領容疑で書類送検された、元熱海市職員(36)を起訴猶予処分にした。詳しい内容は明らかにしていない。
元職員は市社会福祉課のケースワーカーとして勤務していた2011年7月から16年3月の間、生活保護者に支給すべき約25世帯150万円の生活保護費などを横領したという。
市は事件発覚後、元職員を懲戒免職とし、熱海署に刑事告訴していた。横領金は全額弁済しているという。齋藤栄市長は「今後も再発防止と信頼回復に取り組んでいく」としている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る