元職員を起訴猶予 生活保護費などを横領/静岡地検沼津支部

静岡地検沼津支部は8月9日までに、業務上横領容疑で書類送検された、元熱海市職員(36)を起訴猶予処分にした。詳しい内容は明らかにしていない。
元職員は市社会福祉課のケースワーカーとして勤務していた2011年7月から16年3月の間、生活保護者に支給すべき約25世帯150万円の生活保護費などを横領したという。
市は事件発覚後、元職員を懲戒免職とし、熱海署に刑事告訴していた。横領金は全額弁済しているという。齋藤栄市長は「今後も再発防止と信頼回復に取り組んでいく」としている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る