元職員を起訴猶予 生活保護費などを横領/静岡地検沼津支部

静岡地検沼津支部は8月9日までに、業務上横領容疑で書類送検された、元熱海市職員(36)を起訴猶予処分にした。詳しい内容は明らかにしていない。
元職員は市社会福祉課のケースワーカーとして勤務していた2011年7月から16年3月の間、生活保護者に支給すべき約25世帯150万円の生活保護費などを横領したという。
市は事件発覚後、元職員を懲戒免職とし、熱海署に刑事告訴していた。横領金は全額弁済しているという。齋藤栄市長は「今後も再発防止と信頼回復に取り組んでいく」としている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る