元職員を起訴猶予 生活保護費などを横領/静岡地検沼津支部

静岡地検沼津支部は8月9日までに、業務上横領容疑で書類送検された、元熱海市職員(36)を起訴猶予処分にした。詳しい内容は明らかにしていない。
元職員は市社会福祉課のケースワーカーとして勤務していた2011年7月から16年3月の間、生活保護者に支給すべき約25世帯150万円の生活保護費などを横領したという。
市は事件発覚後、元職員を懲戒免職とし、熱海署に刑事告訴していた。横領金は全額弁済しているという。齋藤栄市長は「今後も再発防止と信頼回復に取り組んでいく」としている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-18

    【お悔やみ】山脇五郎さん(熱海市下多賀)12月15日死去

    山脇五郎さん(やまわき・ごろう)12月15日死去、93歳。熱海市下多賀。出棺19日午前11時、JAホ…
  2. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  3. 2018-12-17

    今年の有終、熱海海上花火大会! 2018年は18回で39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」が12月16日、熱海湾であり、1万3千人の観衆…
  4. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
ページ上部へ戻る