お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に飾ってお迎えし、霊を再びあの世へ送り届ける日だ。そのお供え物のごみがピークを迎えるのを前に熱海市は15日午後、専用のゴミ箱を設置した。
以前は熱海でもお盆が終わったら供え物や花を川に流す風習があった。しかし、環境汚染の問題もあり、現在では川に流すのをやめ、普通にゴミとして出すのが一般的になっている。
それでも古刹が多い市内上宿町の糸川や初川、和田川では、今なお川に流す人もあり、市は「川や海に流さないで」と呼びかけている。誓欣院の吉川宏司さんによれば、鎌倉市をはじめ、観光客の多い湘南地区や清流で知られる三島市などでは、お供え物は一旦川の水につけ、その後にゴミとして住民がが多いという。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
  2. 2020-2-25

    【お悔やみ】十文字ひとみさん(熱海市梅園町)2月21日死去

    十文字ひとみさん(じゅうもんじ・ひとみ)2月21日死去、49歳。熱海市梅園町。通夜25日午後6時。…
  3. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  4. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
ページ上部へ戻る