お盆の風物詩 「灯ろう流し」 先祖の魂を弔う/熱海市・長浜海岸

南熱海のお盆の風物詩「灯ろう流し」が送り盆の8月16日、熱海市上多賀の長浜をはじめ、中野海岸、下多賀・池田港の3カ所であった。長浜ビーチでは、伝統行事「百八体流灯祭」の前に行われ、多賀観光協会が赤、黄、緑、白の水に溶ける灯ろう(1組1000円)を500個を用意。地元住人や観光客が買い求めたり、持ち込んだりした灯ろうにそれぞれ供養の言葉や願い事を書いて海に流した。海面に色とりどりの灯ろうが流れると、訪れた人たちは海面をゆるやかに流れる灯ろうが照らす淡い光に手を合わせ、先祖の魂を弔った。
中野海岸でも地元住人らが50個の灯ろうを持ち寄り、船で沖合から流し、幻想的な光の流れに手を合わせた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

動画‥B5037F3C-6366-4EBF-A2C0-49812CDCF7E0


長浜海岸


中野海岸

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る