伊豆山神社の本宮社で例祭 地域の安全や五穀豊穣を祈る

伊豆山神社本宮社奉賛会(小林秀樹祭典委員長)は8月23日、県営七尾団地近くに鎮座する伊豆山神社の本宮社(ほんぐうしゃ)で例祭を開いた。伊豆山神社の原嘉孝宮司と大鳥居素禰宜が神事を執り行い、藤曲敬宏県議、高橋幸雄市議、ホテル旅館関係者、七尾町内会、氏子、崇拝者ら約30人が参列し、地域の安全や五穀豊穣を祈った。
🔳県営七尾団近くに鎮座
伊豆山神社は、仁徳天皇の時代(313年~399年)に松葉仙人がご神体として神鏡を日金山(ひがねさん)に祀(まつ)ったのが始まりとされ、のちにこの地に移され、祀られた。さらに836年(承和3年)に今の伊豆山神社の社を建造し、現在地に遷座された。残った二番目の社がこの「本宮社」で、広さ東西5間(約9メートル)、南北三間半(約6メートル)の拝殿、鳥居3カ所、付近に求聞持堂、東西3間南北2間の建物等等があったという。しかし、江戸時代後期の野火により焼失し、現在は石鳥居1基、拝殿一棟が残っている。
🔳「本宮社」まで行ってこそが本当の参拝
伊豆山神社から50分ほど山道を登り、この「本宮社」まで行ってこそが本当の参拝といわれ、参拝路には、病気平癒・厄難消除の「白山神社」、訪れたふたりは必ず結ばれるという「結明神本社」もある。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
🔳主な参列者  小林秀樹祭典委員長(七尾町内会長)、藤曲敬宏県議、高橋幸雄市議、牧野文弘伊豆山観光協会会長、中川勝仁伊豆山温泉旅館組合組合長、中田剛充伊豆山地区町内会長連合会会長、當摩達夫同副会長、大友勇七尾団地町内会長、小松力仲道部農会長、原一歩七尾壮青年会長、小林知海同子供会会長、小松みゆき同婦人部長


















 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る