スランプ脱出見えた! 渡邉彩香2位フィニッシュ /ニトリ・レディース

女子ゴルフのニトリ・レディース最終日が8月26日、北海道小樽CC(6628ヤード、パー72)で行われ、首位に2打差の5位から出た渡邉彩香(24)=大東建託=は4バーディ、3ボギーので71で回り、3打差の2位に入った。
2015年11月の樋口久子 Pontaレディスで以来の優勝こそ逃したが、20試合ぶりのトップ10入りでスランプを脱出。賞金880万円を加算し、賞金ランキングを前週の71位から42位(1703万円)に上げ、来季のシード権(50位まで)を手元の引き寄せた。
首位から出たアン・ソンジュ(韓国)が通算7アンダーで逃げ切って今季4勝目を挙げた。
(熱海ネット新聞)
🔳渡邉彩香の賞金ランキング 2015年=6位、2016=12位、2017年=36位。2018年は現在42位。来季のシード権は50位以内。

今シーズン最高の2位フィニッシュ。一時は、首位のアンソンジュへ2打差に迫る。しかし、そこからプレッシャーをかけるまでには至らなかった。
前半、ショット、パッティングともにさえる。5番の第2打は、50センチにつけるスーパーショット。スランプに陥る以前の、自信にあふれた姿が垣間見られた。「今大会、ショットの調子が良かっただけに、残念です」。というのは、パー3の7番でバーディーチャンスを迎えたが、「下りのちょっと切れるスライスライン。入らない距離ではなかった」といい、少し間を置いてから、「あそこがポイントだったかも……。カップインすれば、流れが変わっていた」と反省した。
そうはいうものの、「14番でバーディーをとれたのは、大きいポイント。まだ、自分の評価はそんなに高くはないけど、4日間、ゴルフを楽しめました」とほほ笑む。NEC軽井沢72ゴルフトーナメントから、3週連続で予選通過を果たした。賞金ランキングは、前週の72位から42位へ大幅に上昇。大器復活のきっかけをつかんだ、小樽カントリー倶楽部の72ホールだった。
(文と写真=LPGA)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る