姫の沢公園の指定管理者候補に伊豆箱根鉄道「姫の沢公園パートナーズ」


熱海市が公募していた伊豆山の姫の沢公園の来年4月からの指定管理者候補が伊豆箱根鉄道(本社・三島市大場)を代表団体とする「姫の沢公園パートナーズ」に決定したことが分かった。同公園には4団体が応募。書類審査、プレゼンテーションで選出した。
また上多賀に新規開設する児童発達支援センターの指定管理者候補は市内で療育教室「IPPO(いっぽ)あじろ園」を運営している「NPO法人エシカファーム」(本部・三島市梅名)に決まった。他の応募はなかった。ともに市議会の議決を経て協定を締結し、来年4月から各施設の管理・運営を担う。期間は各5年間。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る