登校見守り35年 谷中慎三さん、交通安全功労で大臣功労表彰

35年間、毎朝ずっと子どもたちの登校を見守り続けている熱海市交通指導員会会長の谷中慎三さん(79)=下多賀=が、2018年度の交通安全功労者内閣府特命担当大臣表彰を受けた。このほど東京都千代田区の東海大学校友会館で開かれた表彰式で松山政司大臣から伝達された。8月29日、市役所を訪れ、齋藤栄市長、奥田交治熱海署長、植田宜孝市危機管理監、太田智也熱海署交通課長に受賞を報告した。
本年度同表彰を受けたのは全国の30個人・団体・市区町村で、静岡県内では谷中さんと牧之原市の団体だけ。谷中さんは1984年に指導員の委嘱を受け、2007年からは会長として地域の交通安全に尽力している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-4

    熱海梅園で最後の品種「開運」が開花 59種咲き揃うも見ごろは26本

    開運 毎年、熱海梅園でもっとも遅く咲く梅「開運」が見ごろを迎えた。これで60品種469本の梅…
  2. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  3. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  4. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
ページ上部へ戻る