小田原攻めの僧兵を供養、伊豆山送り火供養「ろうそく祭」/走湯山・般若院

熱海市伊豆山の般若院で8月31日、豊臣秀吉に滅ぼされた伊豆山の僧兵の供養をかねた「伊豆山送り火供養ろうそく祭」があった。齋藤栄市長や岡本慈興住職らがたいまつに点灯し、僧兵の勇敢さをたたえ、供養した。当地には豊臣秀吉の小田原攻め(1590年)の際、北条側に加わったため、焼き打ちされた悲しい歴史があり、戦前までは地元住人が毎年8月31日に送り火供養をし、その際に命を落とした3000人の僧兵や住民と関東大震災の犠牲者を供養してきたという。
「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が13年前に復活させ、本堂と大師堂を結ぶ道や階段沿いに、以前の送り火に代えて3000本のフローティングキャンドルを並べ、供養した。会場では、焼き鳥、焼きそば、カレーライス、生ビールのブースやフリーマーケットが並び、多くの地域住民や市民が訪れた。
伊豆山の各町内会も沿道にろうそくを並べ、地区全体が幻想的な光に包まれた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
🔳般若院(はんにゃいん) 真言宗の古刹で伊豆山神社(伊豆山権現)の別当坊だった寺院。源頼朝はこの寺で平家討伐の願をかけ、一時住んでいた。山号は「走湯山」。豊臣秀吉の小田原攻めで焼亡したが、その後、徳川家康によって般若院の院号が与えられ、再建。明治の神仏分離によって伊豆山神社内から現在地に移転。大師堂には、弘法大師(空海)が自ら刻んだと伝えられる「大師像」(国重文)が安置されている。
JR熱海駅より東海バス七尾原循環で約6分、「般若院前」バス停下車。
🔳ステージイベント 坪内逍遥のうた保存会、牛追いの会の民謡、山田音楽教室の発表会、「スタジオ バハ レル ハール」のベリーダンス、ボクシングスクール「FIST」のデモンストレーション、豆州網代太鼓の演奏



本堂での伊豆山僧兵供養法会


動画‥34A65A97-39D7-445D-B220-B5FC30E55837


同寺広場での祭事


岡本慈興住職


岡本吉浩実行委員長


齋藤栄市長


川口健議長


藤曲敬宏県議


高橋幸雄市議


動画‥035B919D-2718-417C-87BA-5FD602E2A082

点灯



伊豆山小の児童が制作したロウソクカップ






伊豆山地区


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    姫の沢公園管理棟新設に2億円など総額198億円 熱海市19年度予算案

    熱海市は2月15日、2019年度当初予算案を発表した。姫の沢公園管理棟新築工事に1億4800万円、同…
  2. 2019-2-15

    市内飲食3千円クーポン券、2千円で販売 2月22日から売り出し開始

    熱海市内の飲食3団体は、市内の指定飲食店で利用できる「ナイトクーポン安いらー!!」を2月22日から販…
  3. 2019-2-14

    アイドル梅「思いのまま」見頃、梅まつりMAXステージに/熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園で、園全体で5分咲きとなった2月14日、遅咲きの「思いのまま」が見ご…
  4. 2019-2-14

    あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出6万7786人 前年比2万人増

    熱海市観光協会は第9回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月12日~2月11日)の人出を発表した…
ページ上部へ戻る