宿泊税導入「まずは旅館関係者としっかり意見交換」/齋藤栄市長

4選を果たした熱海市の齋藤栄市長は、選挙公約に掲げた「宿泊税」の導入時期について「まずは旅館関係者、宿泊関係者としっかり意見交換していく。業界の皆様としっかり膝詰めで話をすれば、簡単なことではないが、ご理解頂けると考える」と説明し、「徴収する旅館ホテルのコスト負担に対しても宿泊税の中でサポートするような仕組みも検討していく」と述べた。
宿泊税の使途については「全額観光施策に使い、使途は当然公開する」とし、「持続的に熱海が温泉観光都市として発展するのに必要な財源と考える。私が市長に就任したとき(2006年)、市税収入は110億超あったが、今は97億円。増える見込みはほとんど無い。それに比べて介護、医療は間違いなく増える。いろんなインフラのメンテナンスもある。このままでは今の観光財源は維持できない。観光が基幹産業であり、観光を維持するためにも宿泊税は必要」と語った。当選が決まった9月2日、取材陣の質問に答えた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜咲く糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る