宿泊税導入「まずは旅館関係者としっかり意見交換」/齋藤栄市長

4選を果たした熱海市の齋藤栄市長は、選挙公約に掲げた「宿泊税」の導入時期について「まずは旅館関係者、宿泊関係者としっかり意見交換していく。業界の皆様としっかり膝詰めで話をすれば、簡単なことではないが、ご理解頂けると考える」と説明し、「徴収する旅館ホテルのコスト負担に対しても宿泊税の中でサポートするような仕組みも検討していく」と述べた。
宿泊税の使途については「全額観光施策に使い、使途は当然公開する」とし、「持続的に熱海が温泉観光都市として発展するのに必要な財源と考える。私が市長に就任したとき(2006年)、市税収入は110億超あったが、今は97億円。増える見込みはほとんど無い。それに比べて介護、医療は間違いなく増える。いろんなインフラのメンテナンスもある。このままでは今の観光財源は維持できない。観光が基幹産業であり、観光を維持するためにも宿泊税は必要」と語った。当選が決まった9月2日、取材陣の質問に答えた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る