釣った魚、熱海魚市場がクーポンで買取 新企画「ツッテ熱海」

観光客らが熱海で釣った魚を熱海魚市場がクーポンで買い取り、それを市内18の飲食店や買い物に使える新サービス「ツッテ熱海」が9月15日から熱海市で始まる。
発案したのは、初心者向けの釣り情報サイト「ツッテ」編集長の中川めぐみさん(35)=東京都目黒区=。釣りすぎた魚を熱海魚市場で買い取ってもらったことでひらめいたという。アイデアを持ちかけられた同市場の宇田勝社長が「クーポンなら地元で使ってもらえる」と協力を申し出た。
買い取りの対象は熱海漁港の「裕海ひろみ丸」(090・3155・6266)、網代漁港の「森竜もりりゅう丸」(090・1620・1988)で釣った魚。クーポンは1枚100円と1000円の2種。魚種や数・サイズ・市場での人気度などで計算される。使用期限は6カ月。使われた店は市場で換金する。申し込み、料金の問い合わせなどは両釣り船へ。
(熱海ネット新聞)
写真=「ツッテ」のhpより
🔶ツッテ熱海のクーポン利用加盟店
熱海まぐろや、海まかせ旬彩 石廊庵、海幸楽膳 釜つる、貴美の浜焼き、QUARTO、クレール、寿司忠、妙、てんぷら鶴吉、焼き肉とんがらし、ラ ドッピエッタ、石和酒店、杉本鰹節商店、丹那屋名産店、釜鶴ひもの店、マリンスパあたみ、熱海魚市場、熱海クラフト工房

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る