講員、新宿町の住民が除災招福を祈願/熱海・御殿稲荷神社

熱海市役所の第3庁舎入口に鎮座する「御殿稲荷(いなり)神社」で9月17日、秋祭りがあった。雨宮盛克宮司が神事を執り行い、祝詞を奏上したあと、同神社の講元・杉崎明さん、池田重樹新宿町内会長らが玉串を奉てんし、家内安全、熱海市の発展などを祈願した。杉崎さんは「秋の例祭を前に階段下の鳥居を補修した。これからも神社が長く存続できるようご奉仕を続けていく」とあいさつ。池田会長は「市内に何カ所かある稲荷のなかで、私たちが管理する新宿町の稲荷は熱海を代表するもの。歴史も深く来宮神社と連携して観光客にも参拝していただけるよう努めたい」と話した。御殿稲荷神社は新宿町内で管理し、毎年2月に初午(はつうま)祭、9月に秋祭りの準備をし、実施している。
(熱海ネット新聞)
🔶雨宮盛克宮司 奉仕と勤めの心で準備していただき、心地よく秋のお祭りができた。皆様の生活の安泰、繁栄、健康と災いなく、生活が穏やかであることを祈念した。
🔶御殿稲荷(ごてんいなり) 江戸幕府三代将軍・徳川家光は、家康が大湯の温泉で湯治した熱海に湯治御殿(熱海御殿)を造らせた。その際、御殿の鬼門除けのために京都伏見神社より分祀して建立。昭和38年(1963年)、新宿町御殿稲荷溝の講員や有志により修復。平成24年(2012年)、熱海市役所の建て替えにあわせて講員、新宿町内会が社、棚、石垣を改修して塗り替えた。
🔶講(こう)同じ目的で参拝する集まり。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    姫の沢公園管理棟新設に2億円など総額198億円 熱海市19年度予算案

    熱海市は2月15日、2019年度当初予算案を発表した。姫の沢公園管理棟新築工事に1億4800万円、同…
  2. 2019-2-15

    市内飲食3千円クーポン券、2千円で販売 2月22日から売り出し開始

    熱海市内の飲食3団体は、市内の指定飲食店で利用できる「ナイトクーポン安いらー!!」を2月22日から販…
  3. 2019-2-14

    アイドル梅「思いのまま」見頃、梅まつりMAXステージに/熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園で、園全体で5分咲きとなった2月14日、遅咲きの「思いのまま」が見ご…
  4. 2019-2-14

    あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出6万7786人 前年比2万人増

    熱海市観光協会は第9回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月12日~2月11日)の人出を発表した…
ページ上部へ戻る