岡本ホテル跡地の歩道状空き地に休憩スポット 市民・観光客用に設置/熱海市

熱海市は市民や観光客向けに市役所そばの旧熱海岡本ホテル跡地(上宿町市有地)に整備した「歩道状空き地」に休憩スポットを設置した。2020年東京五輪パラリンピック後に建設を予定している熱海フォーラム(図書館と市民ホールの複合施設)建設まで暫定活用する。
休憩スポットにはテーブル4基と椅子16脚を配置。パラソル4本を置いて、日よけなどにも配慮してあり、バス待ちやお弁当を食べながらのんびりすることもできる。「歩道状空き地」整備の総事業費は1438万円。
利用時間は午前9時から午後5時ごろ。夜間はチェーンで設備を固定する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る