岡本ホテル跡地の歩道状空き地に休憩スポット 市民・観光客用に設置/熱海市

熱海市は市民や観光客向けに市役所そばの旧熱海岡本ホテル跡地(上宿町市有地)に整備した「歩道状空き地」に休憩スポットを設置した。2020年東京五輪パラリンピック後に建設を予定している熱海フォーラム(図書館と市民ホールの複合施設)建設まで暫定活用する。
休憩スポットにはテーブル4基と椅子16脚を配置。パラソル4本を置いて、日よけなどにも配慮してあり、バス待ちやお弁当を食べながらのんびりすることもできる。「歩道状空き地」整備の総事業費は1438万円。
利用時間は午前9時から午後5時ごろ。夜間はチェーンで設備を固定する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る