岡本ホテル跡地の歩道状空き地に休憩スポット 市民・観光客用に設置/熱海市

熱海市は市民や観光客向けに市役所そばの旧熱海岡本ホテル跡地(上宿町市有地)に整備した「歩道状空き地」に休憩スポットを設置した。2020年東京五輪パラリンピック後に建設を予定している熱海フォーラム(図書館と市民ホールの複合施設)建設まで暫定活用する。
休憩スポットにはテーブル4基と椅子16脚を配置。パラソル4本を置いて、日よけなどにも配慮してあり、バス待ちやお弁当を食べながらのんびりすることもできる。「歩道状空き地」整備の総事業費は1438万円。
利用時間は午前9時から午後5時ごろ。夜間はチェーンで設備を固定する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  2. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  3. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  4. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
ページ上部へ戻る