補正予算に5800万円、小中学校など公共施設のブロック塀撤去

熱海市は9月21日、市役所で記者会見を開き、9月28日に開会する市議会9月定例会に上程する議案を公表した。5800万円を追加する一般会計補正予算案では、地震対策として公共施設のブロック塀の撤去費(11カ所)に1600万円。公立の保育園(3)、幼稚園(2)、小学校(8)、中学校(2)の計15施設に防犯カメラを設置(37台)するのに伴い、2018年度のカメラのリース台として69 万円を盛り込んだ。また熱海が舞台になった小説「金色夜叉」の作者尾崎紅葉のレリーフをお宮の松近くに設置する費用260万円も計上した。
(熱海ネット新聞)
🔳ブロック塀 今年6月の大阪北部地震で登校中の小学生が学校のブロック塀の下敷きになって死亡した事故を受け、熱海市は7月に市内の209公共施設を調査。このうち、26カ所に問題があると判断。10カ所は今年度予算の枠内で撤去し、補正予算では市役所、桃山小、網代小、初島小中など15カ所。残りは来年度中に撤去する。


齋藤栄市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    姫の沢公園管理棟新設に2億円など総額198億円 熱海市19年度予算案

    熱海市は2月15日、2019年度当初予算案を発表した。姫の沢公園管理棟新築工事に1億4800万円、同…
  2. 2019-2-15

    市内飲食3千円クーポン券、2千円で販売 2月22日から売り出し開始

    熱海市内の飲食3団体は、市内の指定飲食店で利用できる「ナイトクーポン安いらー!!」を2月22日から販…
  3. 2019-2-14

    アイドル梅「思いのまま」見頃、梅まつりMAXステージに/熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園で、園全体で5分咲きとなった2月14日、遅咲きの「思いのまま」が見ご…
  4. 2019-2-14

    あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出6万7786人 前年比2万人増

    熱海市観光協会は第9回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月12日~2月11日)の人出を発表した…
ページ上部へ戻る