厄年奉賛会「今宮一心和田奉十絆會」 次年度、次々年度と最終合同会議

今宮神社の例大祭で御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「今宮和田奉十絆(ぶじゅう)會」は9月22日夜、熱海市の起雲閣で御鳳輦渡御を補助する来年度以降の御鳳輦奉仕者と最終合同会議を開いた。出席した木宮、伊豆山神社を含めた次年度・次々年度の会員約40人は、今年度の今宮神社の御鳳輦渡御で裏方を務めるとともに、その経験を自分たちの御鳳輦奉仕に役立てる。
薄井勇会長は「平成最後の今宮神社例大祭にふさわしい後々まで印象に残るご奉仕に努めたい。そのためには裏方の作業を務めていただく、次年度・次々年度の皆様がいないと、御鳳輦渡御は成り立たない。全員で精いっぱい頑張ろう」と後輩たちに協力を求め、廣浜光都留運営本部長が大祭当日の概略や注意事項を説明。「参加するなかで継承していくところと変えるところを見つけ、自分たちの御鳳輦渡御に生かしてほしい」とアドバイスした。
例大祭は10月19、20日に斎行され、42歳を迎えた厄年奉賛会の男子が御鳳輦を担いで市内を練り歩く。道中、福餅と御神酒を振るまい、氏子町内の商売繁盛と家内安全を祈願し、厄除けを祈念する伝統行事。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■平成30年度今宮神社厄年奉賛会役員
会長・薄井勇▽副会長・野田達也、金澤正男、佐々木勝▽運営本部長・廣濱光都留▽運営副本部長・小川智之、金澤正男(兼任)▽総務部長・白川伸堅▽進行部長・中山貴博▽財務部長・三宅大介▽渉外部長・下田俊章▽給与部長・渡辺卓也、佐々木勝(兼任)▽広報部長・門松寅吉▽救護車輛部長・土田亮▽設営部長・岩崎竜也▽接待部長・高橋英司▽衣装部長・髙橋誠▽恵比寿部長・齊藤直伸▽大黒部長・大城大樹▽企画部長・吉田誠▽管理部長・原真太郎▽組織部長・幸田一史▽記録部長・山田良輔▽資材部長・西浩二▽参与・川島清忠▽青木正美
■同女子部
女子部長・手塚葉子▽副部長・岩澤美穂、中田久枝▽衣装部・齊藤悠子▽接待部・山本愛▽給与・萩谷貴子▽進行・山田三千代▽会員・小川恵美、鈴木美和、小川美菜子、小松ますみ、古株智子、川人陽子、小島砂織、西上床昌代、細井友子、青木智子




木宮、伊豆山神社の次年度厄年奉賛会に協力金贈呈


薄井勇会長

廣浜光都留運営本部長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る