伝統行事、献歌と舞で源実朝をしのぶ/伊豆山神社「十五夜祭」

熱海市の伊豆山神社で仲秋の名月の9月24日夜、「十五夜祭」があり、第67回「源実朝をしのぶ仲秋の名月伊豆山歌会」が開かれた。山伏装束の僧兵とともに境内前に入場し、冴月さくらさんが「平家物語」を献読、森本要副市長のあいさつに続いて原嘉孝宮司と大鳥居素禰宜が神事を執り行い、参列者が玉串を捧げた。
「源実朝をしのぶ仲秋の名月伊豆山歌会」の献歌では、雲間から満月が差す中、出席歌人が順に句を詠みあげ、地元中学生5人が頼朝の舞を奉納。加藤登美緒さんと山口真紀さんが琴を、須藤英二さんがフルートを献奏し、熱海にゆかりが深く、歌人でもあった鎌倉3代将軍実朝をしのんだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◆献歌 ジュニアの部 渡辺晃平(第二小6年)、横井日々喜(熱海中3年)、安保英美(同1年)、高野公彦、佐伯裕子、梅内美華子、松村正直(歌人)
◆歌会 30都道府県から一般の部に274首、小学生458首、中学生831首の応募(ほかに当日投稿97首)があり、歌人の 高野公彦さん、佐伯裕子さん、梅内美華子さん、松村正直さんが選考。熱海市伊豆山のハートピアホテルで授賞式と講評があった。
◆源実朝(みなもとのさねとも) 鎌倉幕府第3代将軍、歌人。幕府を開いた源頼朝の4男。母は政子。兄の頼家が追放されると12歳で征夷大将軍。歌人としても知られ、伊豆山神社に参拝に訪れる際に十国峠で詠んだ「箱根路を我が超え来れば伊豆の海やおきの小島に波のよる見ゆ」は有名。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る