佃前伊東市長、1500万円の賄賂受け取り認める /東京地裁初公判

伊東市の旧伊東マンダリン岡本ホテル跡地売買をめぐる贈収賄事件で、土地購入の便宜を図った見返りに建設会社から賄賂を受け取ったとして、収賄罪に問われた前市長、佃弘巳被告(71)らの初公判が9月25日、東京地裁で開かれた。佃被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 贈賄罪に問われた「東和開発」元社長、森圭司郎被告(48)も起訴内容を認めた。現金の受け渡しを仲介したとして収賄幇助罪に問われた会社員(50)は、一部の金銭授受の趣旨について「詳細はわからなかった」と述べた。
(熱海ネット新聞)
◆起訴状 佃被告は市長だった2015年8月下旬~9月上旬、東和開発が所有するホテル跡地を市が購入した取引に関し、謝礼として森被告から直接、現金300万円を、稲葉被告を介して現金1000万円を、それぞれ受け取った。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る