市長が宿泊税検討を表明、市議会9月定例会が開会 /熱海市

熱海市議会9月定例会が9月28日開会した。齋藤栄市長が所信表明を行い、「経済の持続的発展と豊かな市民のの暮らしを実現できる温泉観光地のモデルをつくっていく」と演説し、財源として選挙公約に掲げた宿泊税を検討していく考えを提唱した。
議事では2018年度の一般会計補正予算案など29件を上程した。決算特別委員会の設置案を可決し、山田義廣熱海市代表監査委員が2017年度一般会計および各特別会計、公営企業会計各会計決算に対する意見表明を行なった。
また竹部隆前副議長に対する感謝状の贈呈案を可決し、川口健議長から感謝状が贈られた。市議補選で当選した赤尾光一氏が就任のあいさつを行なった。
会期は10月23日までの26日間。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-19

    平成最後の天皇陛下の誕生日に献上 熱海梅園で紅白梅の枝切り

    天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲…
  2. 2018-12-19

    糸川遊歩道でも「あたみ桜」が開花 銀座バス停の基準木

    熱海梅園に続いて12月19日、糸川遊歩道で「あたみ桜」が開花した。熱海市銀座町の「銀座バス停」横に植…
  3. 2018-12-19

    【お悔やみ】島田二郎さん(熱海市昭和町)12月17日死去

    島田二郎さん(しまだ・じろう)12月17日死去、90歳。熱海市昭和町。出棺21日午前10時、興禅寺。…
  4. 2018-12-19

    石原元都知事「熱海が最適なカジノ開発地」 外国特派員協会会見で

    元東京都知事の石原慎太郎氏(86)が12月18日、東京・千代田区の日本外国特派員協会(FCCJ)で記…
ページ上部へ戻る