渡邉彩香、日本女子オープンで8位 6年連続のシード権に大きく前進

国内女子ツアーの今季メジャー第3戦「日本女子オープン」(9月27日〜30日、千葉カントリークラブ)終了時点の賞金ランキングが10月1日、発表され、同オープンで8位タイに入り、336万円を加算して約2040万円とした渡邉彩香(25)が45位にジャンプアップした。
日本女子オープン前の渡邉の獲得賞金は約1704万円で56位。熱海のファンをやきもきさせたが、公式戦での上位活躍で来季のシード権(50位以内)入りに大きく前進した。
今週の「スタンレーレディス」(10月5日〜7日)は、地元の東名カントリークラブ(静岡県裾野市)が舞台。今年のシード権獲得のボーダーラインは2400万円前後と見られ、6位(400万円)以内に入れば2014年から6年連続のシード入りが確実になる。残り8試合、渡邉彩香がスパートをかける。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=LPGAのHPより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

ページ上部へ戻る