アートフェスティバルを前に、手作業で雑草取り/梅園ボランティア

10月19日(金)~21日(日)に開かれる「第6回熱海梅園アート・クラフトフェスティバル」(実行委員会主催)を前に「梅園ボランティア」のメンバーと市職員が15日、手作業で園内の雑草取りを行った。
同イベントは新潟県から兵庫県まで全国から48の工房がブースを出展予定。木工や竹製品、陶芸、アクセサリーなどを販売する。
今回は、新たな試みとして若い音楽アーティストによるライブを実施する。園内に3カ所の演奏場所を設け、10組がギターやピアノの弾き語りを披露する。飲食店の出店もある。
開催は各日午前9時から午後4時まで。入園無料。
園内の中山晋平記念館の前では、ホトトギス(山路のが紫の斑点の入った白い花を咲かせている。10月いっぱい見ごろが続き、観ることができる。
今年の「もみじまつり」(熱海市観光協会主催)は11月17日(土)~12月9日(日)に開催される。
(熱海ネット新聞)


昨年のアートフェスティバル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る