【編集室】”熱海の理研”、植物研究園が春の一般公開 

埼玉県和光市の理化学研究所では、研究成果などを知ってもらうため、毎年この時期に一般公開してます。今年は小保方晴子さんのSTAP細胞論文問題で注目が高まり、例年以上の人が入場、販売コーナーでは研究者用の実験ノートが売り切れる人気ぶりだそうです。
実は熱海にも理研同様に希少な植物の研究を支える新技術開発財団「植物研究園」があり、科学技術週間(14日~20日)にあわせて一般公開してます。
同施設はリコー三愛グループ創始者の故市村清さんの別荘「清恵荘」を改修して1991年に開園したもので、約1万2000平方メートルの園内には、300種以上の樹木・草花が植えられています。ご覧のようにシダレモモ、ミツバツツジ、アマギシャクナゲ、クマガイソウなどの花々や春に紅葉する珍しいノムラカエデがちょうど見ごろ。
春の公開は本日20日までですので足を運んでみてはいかがでしょうか。
(編集主幹・松本洋二)

◇新技術開発財団・植物研究園 JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉。

 

DSC_7982ssp

しゃくなげ

DSC_7978ssp

DSC_8549ssp

植物園正面

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ満開 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が満開…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る