【編集室】”熱海の理研”、植物研究園が春の一般公開 

埼玉県和光市の理化学研究所では、研究成果などを知ってもらうため、毎年この時期に一般公開してます。今年は小保方晴子さんのSTAP細胞論文問題で注目が高まり、例年以上の人が入場、販売コーナーでは研究者用の実験ノートが売り切れる人気ぶりだそうです。
実は熱海にも理研同様に希少な植物の研究を支える新技術開発財団「植物研究園」があり、科学技術週間(14日~20日)にあわせて一般公開してます。
同施設はリコー三愛グループ創始者の故市村清さんの別荘「清恵荘」を改修して1991年に開園したもので、約1万2000平方メートルの園内には、300種以上の樹木・草花が植えられています。ご覧のようにシダレモモ、ミツバツツジ、アマギシャクナゲ、クマガイソウなどの花々や春に紅葉する珍しいノムラカエデがちょうど見ごろ。
春の公開は本日20日までですので足を運んでみてはいかがでしょうか。
(編集主幹・松本洋二)

◇新技術開発財団・植物研究園 JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉。

 

DSC_7982ssp

しゃくなげ

DSC_7978ssp

DSC_8549ssp

植物園正面

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜咲く糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る