【編集室】”熱海の理研”、植物研究園が春の一般公開 

埼玉県和光市の理化学研究所では、研究成果などを知ってもらうため、毎年この時期に一般公開してます。今年は小保方晴子さんのSTAP細胞論文問題で注目が高まり、例年以上の人が入場、販売コーナーでは研究者用の実験ノートが売り切れる人気ぶりだそうです。
実は熱海にも理研同様に希少な植物の研究を支える新技術開発財団「植物研究園」があり、科学技術週間(14日~20日)にあわせて一般公開してます。
同施設はリコー三愛グループ創始者の故市村清さんの別荘「清恵荘」を改修して1991年に開園したもので、約1万2000平方メートルの園内には、300種以上の樹木・草花が植えられています。ご覧のようにシダレモモ、ミツバツツジ、アマギシャクナゲ、クマガイソウなどの花々や春に紅葉する珍しいノムラカエデがちょうど見ごろ。
春の公開は本日20日までですので足を運んでみてはいかがでしょうか。
(編集主幹・松本洋二)

◇新技術開発財団・植物研究園 JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉。

 

DSC_7982ssp

しゃくなげ

DSC_7978ssp

DSC_8549ssp

植物園正面

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る