【まちづくり】4年ぶりに「伊豆山港の朝市」が復活 毎週日曜に開催

 

伊豆山港での街おこしに取り組む「多目的広場活用協議会」(千葉和良会長)は20日、熱海ビーチラインの赤い橋の下にある伊豆山港緑地広場で「伊豆山港の朝市」を2010年以来、4年ぶりにを開催した。
以前(05年から6年間)は伊豆山温泉観光協会が主催し、近くの旅館前で開催してきたが、地球温暖化などで安定的な水揚げ量が確保できないとして中断。水揚げ量も戻り、静岡県が伊豆山港緑地広場を整備したことから、有効活用策として朝市復活が決まった。

地元漁師や関係者などが、サザエやアワビ、伊勢海老、ワカメなどの海産物を中心に、季節の野菜、かんきつ類などを出品。この日は復活開催を記念し、天然わかめ1トンを用意、1回300円で詰め放題を行った。

千葉会長は「気軽に漁師と触れ合ってもらい、一緒にバーベキューを囲むなどして伊豆山の海の幸、山の幸を食べて頂きたい。今後も地域を盛り上げる企画を考えていく」と話している。

同朝市は毎週日曜の午前7時30分から11時まで開催する。

(熱海ネット新聞)

 

さざえご飯

朝市のぼり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る