【まちづくり】4年ぶりに「伊豆山港の朝市」が復活 毎週日曜に開催

 

伊豆山港での街おこしに取り組む「多目的広場活用協議会」(千葉和良会長)は20日、熱海ビーチラインの赤い橋の下にある伊豆山港緑地広場で「伊豆山港の朝市」を2010年以来、4年ぶりにを開催した。
以前(05年から6年間)は伊豆山温泉観光協会が主催し、近くの旅館前で開催してきたが、地球温暖化などで安定的な水揚げ量が確保できないとして中断。水揚げ量も戻り、静岡県が伊豆山港緑地広場を整備したことから、有効活用策として朝市復活が決まった。

地元漁師や関係者などが、サザエやアワビ、伊勢海老、ワカメなどの海産物を中心に、季節の野菜、かんきつ類などを出品。この日は復活開催を記念し、天然わかめ1トンを用意、1回300円で詰め放題を行った。

千葉会長は「気軽に漁師と触れ合ってもらい、一緒にバーベキューを囲むなどして伊豆山の海の幸、山の幸を食べて頂きたい。今後も地域を盛り上げる企画を考えていく」と話している。

同朝市は毎週日曜の午前7時30分から11時まで開催する。

(熱海ネット新聞)

 

さざえご飯

朝市のぼり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る