【まちづくり】4年ぶりに「伊豆山港の朝市」が復活 毎週日曜に開催

 

伊豆山港での街おこしに取り組む「多目的広場活用協議会」(千葉和良会長)は20日、熱海ビーチラインの赤い橋の下にある伊豆山港緑地広場で「伊豆山港の朝市」を2010年以来、4年ぶりにを開催した。
以前(05年から6年間)は伊豆山温泉観光協会が主催し、近くの旅館前で開催してきたが、地球温暖化などで安定的な水揚げ量が確保できないとして中断。水揚げ量も戻り、静岡県が伊豆山港緑地広場を整備したことから、有効活用策として朝市復活が決まった。

地元漁師や関係者などが、サザエやアワビ、伊勢海老、ワカメなどの海産物を中心に、季節の野菜、かんきつ類などを出品。この日は復活開催を記念し、天然わかめ1トンを用意、1回300円で詰め放題を行った。

千葉会長は「気軽に漁師と触れ合ってもらい、一緒にバーベキューを囲むなどして伊豆山の海の幸、山の幸を食べて頂きたい。今後も地域を盛り上げる企画を考えていく」と話している。

同朝市は毎週日曜の午前7時30分から11時まで開催する。

(熱海ネット新聞)

 

さざえご飯

朝市のぼり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る