【環境】ダイバー19人が海中清掃 熱海港海釣り施設

 

日本釣振興会とボランティアのダイバー19人が27日、熱海港海釣り施設の海底清掃を行った。釣り場と海面を垂直に結ぶ非常用ラダ―梯子に付着したカキなどをハンマーやナイフを使って削り取る作業で、不慮の事故などで釣り人が海に転落した場合、救出に欠かせない梯子の破損点検と補修が目的。

熱海港を2隻の船で海釣り施設に向かったダイバーたちは酸素ボンベを背負い、梯子の清掃後は海底まで潜り、不法投棄された缶類や鉄くずなどを拾う作業も2時間にわたって実施。市職員、NPO法人SEA WEB(安田和彦理事長=熱海港海釣り施設)など総勢40人が参加した。

この日は釣り客100人を含め、同行家族など200人ほどが海釣りを楽しんだが、海の奉仕者たちの真摯な作業を敬意をもって見守った。

(熱海ネット新聞)

 

梯子の貝

海釣り施設

安田

作業を見守る安田理事長

缶

収集した缶や鉄くず

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る