【熱海をどり】桜をテーマに長唄「舞妓」 20代芸妓が5人

【解説】今年の熱海をどりは「桜」をテーマに構成され、長唄の「舞妓」が選ばれた。舞妓から連想される桜は枝垂れ桜・おぼこ桜・八重桜…可愛らしく可憐な桜。
そのイメージにあわせ若手を積極的に起用。初舞台を踏んだ最年少の笑千代さん(21)をはじめ、全員が20代の芸妓が立方を務め、若い世代の観客を呼び込んだ。
(構成・振付・舞踊指導=花柳あらた 長唄指導=坂田仙蔵)

 

 

◇てまり 小夏
◇ゆめ美 静(一部) 愛千代(二部)
◇ひな鶴 笑千代
◇菊乃 りょう

◇唄 あやめ、一馬、初玉、紅花
◇三味線 初菊、玉竜、千代菊

 

舞妓メーン

 

DSC_9172ss

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-8

    第31代ミス熱海「梅の女王」に杉本和香奈さん 聖心女子大卒の才媛

    熱海市観光協会は12月8日、起雲閣で「第31代ミス熱海梅の女王」と「同梅娘」「同桜娘」の発…
  2. 2019-12-8

    【お悔やみ】遠藤三子さん(熱海市昭和町)12月1日死去

    遠藤三子さん(えんどう・みつこ)12月1日死去、84歳。熱海市昭和町。みどり丸食堂。通夜9日午後6…
  3. 2019-12-7

    絶品アジの開きを食べてみて! 師走恒例「網代温泉ひもの祭り」始まる 

    熱海市の網代温泉で12月7日、師走恒例の第45回「網代温泉ひもの祭り」が始まった。毎年12…
  4. 2019-12-7

    【お悔やみ】初根しゆさん(熱海市下多賀)12月5日死去

    初根しゆさん(はつね・しゆ)12月5日死去、92歳。熱海市下多賀。出棺9日午前11時、JAホール南…
ページ上部へ戻る