【熱海をどり】桜をテーマに長唄「舞妓」 20代芸妓が5人

【解説】今年の熱海をどりは「桜」をテーマに構成され、長唄の「舞妓」が選ばれた。舞妓から連想される桜は枝垂れ桜・おぼこ桜・八重桜…可愛らしく可憐な桜。
そのイメージにあわせ若手を積極的に起用。初舞台を踏んだ最年少の笑千代さん(21)をはじめ、全員が20代の芸妓が立方を務め、若い世代の観客を呼び込んだ。
(構成・振付・舞踊指導=花柳あらた 長唄指導=坂田仙蔵)

 

 

◇てまり 小夏
◇ゆめ美 静(一部) 愛千代(二部)
◇ひな鶴 笑千代
◇菊乃 りょう

◇唄 あやめ、一馬、初玉、紅花
◇三味線 初菊、玉竜、千代菊

 

舞妓メーン

 

DSC_9172ss

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る