【花】熱海が誇る「セアノサスの青い花」が見ごろ 渚親水公園

 渚親水公園の熱海ムーンテラスに降りる階段に植えられたセアノサスの「青い花」が見ごろを迎えた。

 セアノサスは、米国が原産でカリフォルニアライラックとも呼ばれる。目がさえるほど、透き通ったブルーの花からは、石けんに似た、甘い芳香がただよう。園芸ファンの人気は高いが、湿度が苦手で寒さに弱く、日本の気候に合わないことから育てるのは難しい。

同公園を監修する園芸家の奧峰子さんが7年ほど前に植栽し、大きく育てた。国内でアノサスが3本並んで花を咲かせているのは、渚親水公園だけという。ゴールデンウイークの期間中見ごろが続く。

(熱海ネット新聞)

DSCN2967

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る