【観光】「ところ天祭り」開幕 熱海のGWイベント、舞台は初島へ

 初島で1日、「初島ところ天祭り」(同祭り実行委員会主催)が始まった。富士急マリンリゾートの高速船イルドバカンス号で島を訪れた行楽客は初島港前広場の特設会場に足を運び、特産のテングサで作ったところてんやサザエのつぼ焼きに舌鼓を打った。

初日は初島の人たちが自宅で作った手作りのところてんを一杯100円で販売。行楽客は酢じょうゆ、みそだれ、黒みつの中から好みのたれをチョイスして味わった。岩のりを使った粉末のりも用意した。お勧めは「みそだれ」だという。

会場の一角では、大鍋でテングサを煮込んだり、ざるや布でこしたりしてところてん作りを実演。調理したところてんは翌日に販売される。祭りは5日まで。

(熱海ネット新聞)

ところ作り

客

DSC_9479ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る