【文化】起雲閣「千鳥の間」で「佐藤弘人 春の陶展」

 

ゴールデンウイーク期間中、熱海在住の気鋭の陶芸家・佐藤弘人さん(47)が起雲閣「千鳥の間」で「佐藤弘人 春の陶展」を開催。海彩・銀河・欧路羅を思わせる土に秘めれられた色彩を表現した器を展示、販売している。

土を掘ること、扱うことを愛し、土そのものの持つ美しさを求めた佐藤さんは、メキシコや瀬戸赤津で修業した後、出身地の熱海市に「遊彩陶房」を構えた。

熱海梅園や西熱海の土で作陶し、藁灰釉(わらばいゆう)をかけた器や光で輝く独自に編み出した「耀変(ようへん)」の器を手掛けている。

多くは日本橋高島屋、渋谷東急本館、東京大丸百貨店、新宿京王百貨店など都内で個展を開いており、起雲閣での開催は3回目。来場して初めて佐藤さんの個展を知った観光客が、”現地価格”で販売されている佐藤さんの作品を買い求めている。陶芸展は5日まで。

(熱海ネット新聞)

 

DSCN3049

銀河茶碗

 

オーロラ

 

DSCN3048

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る