【文化】起雲閣「千鳥の間」で「佐藤弘人 春の陶展」

 

ゴールデンウイーク期間中、熱海在住の気鋭の陶芸家・佐藤弘人さん(47)が起雲閣「千鳥の間」で「佐藤弘人 春の陶展」を開催。海彩・銀河・欧路羅を思わせる土に秘めれられた色彩を表現した器を展示、販売している。

土を掘ること、扱うことを愛し、土そのものの持つ美しさを求めた佐藤さんは、メキシコや瀬戸赤津で修業した後、出身地の熱海市に「遊彩陶房」を構えた。

熱海梅園や西熱海の土で作陶し、藁灰釉(わらばいゆう)をかけた器や光で輝く独自に編み出した「耀変(ようへん)」の器を手掛けている。

多くは日本橋高島屋、渋谷東急本館、東京大丸百貨店、新宿京王百貨店など都内で個展を開いており、起雲閣での開催は3回目。来場して初めて佐藤さんの個展を知った観光客が、”現地価格”で販売されている佐藤さんの作品を買い求めている。陶芸展は5日まで。

(熱海ネット新聞)

 

DSCN3049

銀河茶碗

 

オーロラ

 

DSCN3048

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る