【社寺】巫女が神楽「大楠の舞」を奉納 来宮神社

 

来宮神社(雨宮盛克宮司)は5日、「大楠祭」を開催した。神事に続き、巫女(みこ)が神木「大楠」に感謝して「大楠の舞」を奉納、健康長寿を祈願した。

雨宮宮司によれば、大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなんでつくられた。十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が大楠の前で、生田流筝曲宮城会・山形社中が奏でる琴と太鼓、笛、歌に合わせて優雅に舞った。この舞は1年に1度、この日だけ捧げられる。

来宮神社の「大楠」は、近年、マスコミに「パワースポット」と報じられたことから、年々、右肩上がりで参拝者でが増加。大楠の落ち葉を財布などに入れ、お守り代わりに大事にしている人も多い。大楠の舞は、大楠が新葉を付け、生命力に満ちあふれる5月5日にとり行われる。

(熱海ネット新聞)

 

◇来宮神社の大楠
高さ26m、幹回り24m。全国で2位、本州で1位の巨木。樹齢2000年以上。大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば、願い事がかなうと言われている。国の天然記念物。

 

 

k102

大楠の舞

DSC_0149ss

大楠

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る