【経済】熱海温泉組合が総会 駅前間欠泉の復活要望も

熱海温泉組合(駒峯洋組合長)は7日、いきいきプラザ7階多目的会議室で平成26年度定期総会を開いた。市内(伊豆山を除く)に427ある源泉の所有者らの会員が出席して本年度事業計画、予算などを承認した。

予算は前年度135万5000円増の1557万9000円。熱海温泉祭「湯汲み道中」と湯前神社振興事業への協力、レジオネラ症防止対策講習会などを行う。

斉藤栄市長と橋本一実県議が来賓で出席。市長は「平成29年の市制80周年事業の一つとして熱海温泉誌の作成」を挙げ、市の温泉振興支援を強調したが、橋本県議は熱海駅の整備にあたり、駅前間欠泉が解体されたことに触れ、「駅前間欠泉は熱海駅の玄関口にふさわしいモニュメント。早急に復活させてほしい」と市の対応に苦言を呈した。

(熱海ネット新聞)

 

◇熱海温泉組合の源泉数

熱海(335)、上多賀(12)、下多賀(33)、網代(13)、泉(34)=計427

 

 

駅前間欠泉

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-2

    熱海市田原本町「平和通り」 路線価格8・5%上昇 伸び率県内最高

    国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価(1月1日時点)を発表した。静…
  2. 2020-7-2

    長野旅行いまならお得、静岡県民(熱海市民)も割引OK 宿泊最大5000円

    長野県は、新型コロナウイルス感染症の影響で低迷した県内の宿泊・観光事業者を支えるため、県が県民対象…
  3. 2020-7-1

    JR東海道線「東京-熱海間」乗務 グリーン車女性販売員、コロナ感染

    JR東海道線の東京-熱海間に乗務していた20代の女性販売員が、新型コロナウイルスに感染していたこと…
  4. 2020-7-1

    市職員に夏のボーナス 一般職平均75万2千円、総額3億8649万円

    熱海市の職員に6月30日、夏のボーナスが支給された。市の職員の期末・勤勉手当は6月と12月に支給さ…
ページ上部へ戻る