【経済】熱海温泉組合が総会 駅前間欠泉の復活要望も

熱海温泉組合(駒峯洋組合長)は7日、いきいきプラザ7階多目的会議室で平成26年度定期総会を開いた。市内(伊豆山を除く)に427ある源泉の所有者らの会員が出席して本年度事業計画、予算などを承認した。

予算は前年度135万5000円増の1557万9000円。熱海温泉祭「湯汲み道中」と湯前神社振興事業への協力、レジオネラ症防止対策講習会などを行う。

斉藤栄市長と橋本一実県議が来賓で出席。市長は「平成29年の市制80周年事業の一つとして熱海温泉誌の作成」を挙げ、市の温泉振興支援を強調したが、橋本県議は熱海駅の整備にあたり、駅前間欠泉が解体されたことに触れ、「駅前間欠泉は熱海駅の玄関口にふさわしいモニュメント。早急に復活させてほしい」と市の対応に苦言を呈した。

(熱海ネット新聞)

 

◇熱海温泉組合の源泉数

熱海(335)、上多賀(12)、下多賀(33)、網代(13)、泉(34)=計427

 

 

駅前間欠泉

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る