【コラム】20~30代の女性流出で熱海市「消滅」の危機

 

有識者らでつくる政策発信組織「日本創成会議」の人口減少問題検討分科会(座長・増田寛也元総務相)が8日、ぎょっとする試算結果を発表した。このまま地方から大都市への人口流出が現在のペースで続けば、30年間で20〜30代の女性が半分以下に減る自治体は896市区町村に上り、この中に熱海市も含まれている。

2010年の熱海市の人口3万9611人のうち、20-30代の女性は3241人いた。2040年には市の人口は2万2488人に減り、20-30代の女性は1314人。総人口のわずか5%だ。結婚・出産適齢期の女性が現在の半分以上減ってしまえば、少子化はいっそう加速する。観光が基幹産業の街から色香が漂う女性が姿を消せば、誘客どころじゃない。

こんな例えは何だが、熱海市にはおよそ2600匹のワンちゃんがいる。そのワンコの数より、若い女性が少なくなるわけで考えただけでぞっとする。

「20-30代の女性が大都市より熱海での生活を選ぶまちづくり」。新生熱海丸のスキッパーには、この問題を斬新なアイデアで検討し、すぐさま実行することが望まれる。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

【写真】「熱海オンたま」=「まちで買い出し、海辺で楽しむ。ワインとケーキのマリアージュ」

 

ワインごくり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る