【コラム】熱海市泉にあった「天国にいちばん近い山」 いずみ・ハルカスガーデン

この風景を見ていて高校生の頃に読んだ一冊の本を思い出した。森村桂さんが著した「天国にいちばん近い島」。子供のころに亡き父から聞いた「1年中花が咲き乱れ、果実がたわわに実る島、神様にいつでもあえる島がある」という話を思い起こし、それは南太平洋のニューカレドニア島だと思って出かけていくストーリー。のちに原田知世さん主演の映画でも大ヒットしたが、そんなユートピアの世界が熱海の山奥にあった。

熱海市泉地区のお年寄りらが3年かけて整備した手作り公園「いずみ・ハルカスガーデン」。高齢化が進み、限界集落に陥ったこの地域を蘇らせようとNPO法人グランベルテ(河村久子理事長)を設立。80歳を超す会員たちが複数の地権者と交渉し、土地を購入。延べ1800人の老人パワーで約2万平方メートルの荒れた山林を切り開き、「1年中花が咲き乱れるガーデン」を作り上げた。

黄色とオレンジの花はマリーゴールド。赤と白いのはベゴニア。複数の色の花を咲かせているのはペチュニアとサフィニア。アヤメに似た青い花はアイリス。ほかにもチューリップ、アガパンサス、ヒマワリ、コスモス、梅、桜といった30種類以上の花々が植栽されており、四季ごとに花が咲き誇る。

サツキ2500本が植わるニューカレドニア風のフランス式庭園からは真鶴半島、房総半島まで見渡せる。

このハルカスガーデンが「天国にいちばん近い山」として映画化される日はそう遠くない。そう思えるほどドラマ性と美しさを持ち合わせている。

(編集主幹・松本洋二)

 

百花繚乱 アイリス 老人 DSC_0492ssp

 

 

 

 

はるかす地図

園内マップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る