【動画】「南あたみ和太鼓まつり」熱海の和太鼓3団体が競演 

「海と公園の南あたみ文化祭」(同実行委員会主催)が11日、熱海市下多賀の小山臨海公園で開かれ、南熱海マリンホールでは県内の和太鼓演奏8団体が一堂に会する「和太鼓まつり」があった。

注目を集めたのは、熱海市の「豆州網代太鼓」「泉太鼓保存会」「熱海囃子笛伶会」の共演。熱海を代表する「3太鼓団体」が揃い踏みするのは珍しく、多くのファンがかけつけた。

伊東市の「伊東囃子保存会」、伊豆市の「伊豆総合高・郷土芸能部」「天城連峰太鼓」、長泉町の「鮎壺太鼓保存会」、牧之原市の「はいばら太鼓保存会」も熱演した。

(熱海ネット新聞)

◇豆州網代太鼓

2003年に網代を中心に南熱海の和太鼓愛好家10人が集まり結成。オリジナル曲に加え、地元の祭りのお囃子をアレンジを加えて演奏。熱海市内を中心に各種イベントや介護施設の慰問などで活躍。

◇泉太鼓保存会

泉地区の郷土芸能を継承するため1980年に結成。徳山一高代表を中心に学生から社会人まで40人で構成。湯河原町の「やっさ祭」、地元の「湯かけ祭」、「みつわ祭」、熱海市の「成人式」などで活躍。

◇熱海囃子笛伶会

熱海の郷土芸能である「熱海囃子」の笛を後世につたえようと1971年に初代代表の内野正男さんが結成。高校生から社会人、主婦、高齢者など30人で構成。現代表の西川正和氏は4代目。熱海梅園「梅まつり」、来宮神社「大楠祭」など市内のイベントで活躍。

t303 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-18

    今宮元祷會が本格始動 10月の今宮神社例大祭に向け御神幸ルートを下見

    今宮神社の例大祭(10月19日、20日)が2カ月後に近づき、令和元年度の御鳳輦奉仕を行う厄年奉賛会…
  2. 2019-8-18

    浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

    熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月…
  3. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  4. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
ページ上部へ戻る