【イベント】「魚市場」を使って市街地再生プロジェクト 35年ぶりに「熱海魚祭り」

 

 

熱海鮮魚組合(宇田勝組合長)は11日、熱海市清水町の熱海魚市場で35年ぶりに「熱海魚市の魚祭り」を復活開催した。熱海の新たな市街地活性プロジェクトとしてかつて人気を誇った「魚祭り」に着眼。当時使っていた青い法被を着て、威勢のいい掛け声とともに来場者をもてなした。

市場のメリットを生かし、伊勢海老を2000円以下の格安値段で提供し、来場者たちはその場で七輪を使い、浜焼にして味わった。あら汁(200杯)もふるまわれ、グルメ志向の若い女性が列を作った。

また熱海湾で獲れる食材に関心を高めてもらおうと、この日の朝獲れたアジやトビウオの格安販売、イワシの詰め放題も実施。マンボウやマグロ、サメなど網にかかった超特大の魚をふれあい展示した。競りの実演や三枚下ろし教室も開き、プロの包丁さばきを主婦や子供たちに伝授し、人気を博した。

同組合では、魚市場と地元の漁師、鮮魚・飲食店が連携したこの再生プロジェクトが予想を大きく上回る人気だったことから、今後は2カ月に1回開催。次回は7月27日に開催する。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

◇熱海地魚マップ

1万部作ったマップには、地元漁師が捕り熱海魚市場で競られた地魚を小売りする市中心街の12店と飲食店38店を掲載。

◇湯けむりくんせい事件

魚祭りでは、熱海市と熱海商議所が運営するA-biz(エービス)で商品化されたイワシの燻製「湯けむりくんせい事件」のお披露目を兼ねて、燻製料理の試食会も開催。

メーン

 

看板

三枚おろし

伊勢海老2000円

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る